本校の特色

みよし市にあり、みよし市、豊田市、日進市、東郷町の3市1町を学区として、300 名以上の児童 生徒が通っています。自閉症及び自閉的傾向のある児童生徒が6割以上在籍しており、障害特性に応 じた教育活動を行っています。また、障害が重く通学できない児童生徒のための訪問教育、独立行政 法人国立病院機構東名古屋病院での施設内教育も行っています。 開校は昭和 50 年4月と歴史のある学校です。校舎は古くなりましたが、順次改修工事が進んでい ます。広い敷地内には雑木林があり、名物「山コース」は体力づくりや自立活動の学習に欠かせませ ん。高等部の作業学習では、広い耕地でサツマイモや大根を栽培し、保護者に頒布しています。

地域とのつながり・地域での役割

みよし市立南部小学校、みよし市立南中学校、愛知県立三好高等学校と学校間交流を行っています。 また、学校近くの老人ホーム「ほっとかん」の方と交流学習を行ったり、地域の公園の清掃活動など に取り組んだりしています。 高等部の作業学習では、特別養護老人ホームで清掃などの実習をしたり、地域の企業からの委託作 業として段ボールの組立て、試供品の梱包などに取り組んだりしています。 児童生徒の作品発表の場としては、みよし市総合福祉フェスタや、近くの商業施設で美術作品等を 展示させていただいています。